石田徹也~悲しみを感じさせながらもどこかコミカルな作品

石田徹也ってどんな人だったの?

石田徹也は1973(昭和48)年、静岡県焼津市出身。

石田

子供の頃から、第五福竜丸など社会問題に関心があり、小学5年生の時には、「人権マンガ展」で最優秀賞を受賞しました。

中学時代はサッカー部に所属。高校時代は希望の美術科でなく普通科に進み、少し学校に馴染めない時期もありました。

1992年、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科に入学。

第五福竜丸関連で影響を受けたベン・シャーン風の作品を描くと共に、フンデルトヴァッサーやアウトサイダーアートなどにも影響を受けました。

1995年、大学4年の時、第6回グラフィックアート「3.3m(ひとつぼ)展」でグランプリ、第63回毎日広告デザイン賞で優秀賞(同じく武蔵野美術大学出身の平林勇との共作)を受賞。

1996年、武蔵野美術大学を卒業。
就職はせず、画家として活動していくことを決意します。
この年、代表作「飛べなくなった人」を発表。

飛べなくなった

1999年から2003年まで、雑誌「Sports Graphic Number」の挿絵を担当した以外に、毎年のように数々の展覧会やグループ展に出品。

2005年、31歳の時、踏切事故で亡くなります。

約10年の活動期間で、200点程の作品を残しました。

彼の作品は、2006年、NHKの「新日曜美術館」で取り上げられたことで一気に脚光を浴び、その後、多くの展覧会が開催されています。

現在、東京国立近代美術館のMOMATコレクション展で、「無題」という作品が5月21日まで展示中です。

石田徹也の作品の特徴って?

石田徹也は子供の頃から、ずっと社会問題に関心を持っていました。そのことは、彼が作品を制作する上で大きな
影響を与えました。

彼が大学4年生だった1995年、阪神大震災と地下鉄サリン事件という大きな災害・事件が発生しました。

そのような社会に閉塞感を感じながらも、石田徹也はただ悲観的になるのではなく、もの悲しさの中にもユーモアを感じる作品を生み出していきます。

石田徹也の作品に登場する男性は、もともとは見た目も中身も彼の自画像だったのですが、作品を描いていく内に中身のほうは労働者や日本人へと広がりを見せていきます。

工事現場や警備員、工場などで短期派遣をしながら絵を描いていた石田徹也。実際に体験することにより、人々の痛みなどを作品により深く投影することができるようになったのでしょう。

晩年の作品にはユーモアはあまり感じられず、癒しや再生などのテーマが多く描かれるようになっていきます。

個人的な石田徹也作品との関わり

最初に石田徹也の画集を見たのは、青山ブックセンターなどの本屋だったと思います。

ユーモラスなのにどこかさびしさを感じる絵。フラットで、画面全体に絵がびっしり描きこまれた、正確の几帳面さを感じさせる作風だと思いました。

実際の絵を見たのは、平塚市美術館で東日本大震災の直後に開催された、「画家たちの二十歳の原点」という展覧会でのことでした。

この展覧会の作家の中で一番若手だったのに、すでに亡くなっているということに悲しみを覚えました。でも、すでに20才の時点で作風が確立しているというのはすごい。

時代や作風は違いますが、同じ展覧会に展示されていた村山塊多や関根正二などの画家との類似性も少し感じました。作品や社会に対する熱量、感受性などの部分で。

ベン・シャーンの作品も2011年、神奈川県立近代美術館葉山館で見たのですが、第五福竜丸の所属する焼津市に住んでいたということは、かなり子供心にも影響があったのだと思います。

石田徹也の作品集について

今回、この文章を書くにあたり、図書館から「石田徹也全作品集」と「石田徹也ノート」の2冊の本を借りてきました。

「石田徹也全作品集」には「3.3m展」の展示プランや日本語と英語が併記された解説などが掲載されています。

「石田徹也ノート」には、実際の絵とその絵の元になったメモがセットになって掲載されているので、どういう風に作品が作られていったのかを知ることができます。

発売日は決まっていないのですが、「石田徹也ノート」は中国で中国語版が発売されることが決まったそうです。

中国の人がどのようにこの作品集を受け取るのか、ちょっと興味があります。